お店の宣伝に役立つ戦略!DM発送代行を上手く利用しよう

婦人

店舗においては宣伝が重要

店舗営業で必要なことは、店舗名と事業・販売内容を顧客に広く知ってもらうことで、広告や宣伝が重要視されます。店舗における宣伝効果で実効性があるものに、DM(ダイレクトメール)、店舗用のアドバルーン広告、商品などを入れるオリジナル紙袋、ポスティング(各個宅の郵便受けへ直接チラシなどを投入する宣伝方法)などがあります。それぞれ宣伝効果が異なる場合がありますが、対費用効果などの戦略を考えてから行うようにすれば、コスト削減を実施しながら高い宣伝効果を発揮できるようになります。

専門の業者に頼めばコスト削減できる

宣伝作業を自社だけで行おうとすると、それに関わる人件費がかなりの負担になります。たとえばDMの場合、宣伝の原稿を作成して印刷会社に依頼し、できあがったチラシなどを封筒に入れて発送する作業を社員に行わせると、時間がかかってしまいます。専門の業者に依頼すると、原稿のみを用意しておけば発送まですべて行ってくれますから、社員は本来の業務に専念できます。また、専門業者はデザインセンスも良く迅速にかつ激安に行ってくれますから、コスト削減と仕事の効率化アップに繋がります。

アドバルーンとDMでは宣伝効果はどう違う?

アドバルーを利用した宣伝効果は限定的

アドバルーンを利用した宣伝は、野外を通行する人の目をひきつけます。何らかのセールを行っているのではないかと思わせることができますし、想像以上に見た方の記憶に残る効果もあります。一方で、狭い地域だけの効果しか得られないでしょう。

DMを利用した宣伝効果は特定の地域に限定されない

DMの場合は地域を問いません。広域に宣伝効果が及びますし、確実に様々な客層へ届きます。アドバルーンでは限られた地域の方にしか効果がありませんから、広い宣伝効果を求めるならDMになります。

デザイン面や発送を外部に頼めばより効果的な宣伝になる

素人が行うデザインはポイントが明確でなく、社員からもダサいと言われかねません。専門家のデザインセンスには及びませんし、発送業務なども依頼すれば迅速かつ正確に行ってくれます。時間効率とコストを考えれば、外部の専門家に任せるのが一番効果的で安く済むでしょう。

DM発送代行業者に頼むと得られるメリット

一貫した正確な作業で省力化が図れる

発送を行う予定のDMの原稿内容の編集、集成、印刷、封筒のデザイン、宛名の印字と配送までを一貫して行ってくれますから、用意する物は基本原稿と顧客リストだけで済みます。代行業者は正確さと迅速さが売りですから、省力化に繋がります。

コスト削減になり経費が抑えられる

DM発送代行業務は、一連のサービスを業者内部で完結させることができます。無駄な作業工程を省くことで余計な中間マージンが発生しないため、DM発送にかかる経費が抑えられるのです。発注を行う企業や店舗にとっては大きなコスト削減に繋がるでしょう。

セキュリティ対策が十分確保できる

DMでは顧客名簿などを利用しますから、店舗や企業にとっては大切な資料であり個人情報ですので、セキュリティ対策はとても重要です。代行業者1社に依頼すると、その業者内でセキュリティが守られますから、複数の会社を経由する依頼よりははるかに安全です。

迅速な作業と早期発送が期待できる

DM発送代行業者1社で完結できるケースでは、作業が一貫した流れで行われ、他の業者の介在がないために、作業の進展がとても早いです。また、作業も素早く行われるため、急ぎの依頼でも発送が可能になります。ビジネスチャンスを逃がすこともありません。

魅力的なDMを顧客に届けられる

専門のDM発送代行業者の場合、長年のノウハウを持っているため、顧客に必要な情報を詰め込み、魅力のあるものを完成させることができます。受け取る顧客側から見ても、見るべきものがあるDMなら心がひかれます。そうした業者を選定することがビジネスの成功の一要素になり得るのです。

広告募集中